Tuesday, 25 Sep 2018

【激熱!!!】キングダム、実写映画化決定っ!!

 

 原泰久さんの人気マンガ「キングダム」が、実写映画化されることが8日、明らかになった。
原さんは「この1年、脚本会議にも加えていただき、意見を尊重していただき感謝しております。納得の脚本です!! 予算も破格!! キャストの皆様も超豪華!! 絶対面白いです!!(撮影はこれからですが!)。公開は、ちょっと先ですが、どうぞ皆様楽しみにしておいてください!!!」とコメントを寄せている。映画の詳細は後日、発表される。
 「キングダム」は、2006年から「週刊ヤングジャンプ」(集英社)で連載中の人気マンガ。中国の春秋戦国時代を舞台に、天下の大将軍を目指す青年・信の活躍や、後に始皇帝の名で知られるようになる秦王・政、「奇貨居(お)くべし」の故事で知られる宰相・呂不韋(りょふい)など英雄たちのドラマを描いている。
 コミックスの最新50巻が19日に発売。累計発行部数は、3500万部を突破している。12年には、テレビアニメも放送された。
引用元:http://a.msn.com/01/ja-jp/AAvAN7p?ocid=st

 

 

キングダムとは?

『キングダム』は、原泰久による日本の漫画。『週刊ヤングジャンプ』(集英社)にて、2006年9号より連載中。第17回手塚治虫文化賞マンガ大賞受賞作。中国の春秋戦国時代を舞台に、大将軍を目指す少年・信と後の始皇帝となる秦国の若き王・政の活躍を中心に、戦乱の世が描かれている.

 

 

以前はこんな映像も作られている

KINGDOM SPECIAL MOVIE
“Kingdom” reaching its 10th year of publication”

2016年に連載10周年を記念して実写特別動画が制作され、主人公である信役を山﨑賢人が務めた。動画は4月18日より特別サイト上にて3分の動画として配信され、4月19日にフジテレビ系列「有吉弘行のダレトク!?」にて60秒バージョンのテレビCMとして放送された。また、龐煖(ほうけん)は五城健児、羌瘣(きょうかい)は山本千尋が演じている。

 

出演者
信役:山﨑 賢人
羌瘣(キョウカイ)役:山本 千尋
龐煖(ホウケン)役:五城 健児
監督:大野 大樹
音楽:プロデューサー Thomas Suess / コンポーザー Robster Henke
ナレーター:吉永 幸一

 

 

配役はどうなる???

2018年4月9日現在ではまだ誰がキャスティングされているのかはわからない状態。YOUTUBEに”実写化キャストを検討”という動画があったので、これを参考に想像してみると面白いかもw視聴してみたところかなりイイ線いってると思う。納得!!

 

 

個人的な要望をひとつふたつ・・・

原作が漫画やアニメの場合、必ずと言っていいほど見た目を原作に寄せる傾向がある。そうしないと自己紹介的なシーンを挿入しないと誰が誰だかわかりにくくなるし、原作のイメージからかけ離れてしまったりして、全くのベツモノみたいになってしまうこともある。

 

でもあえて、原作の見た目やキャラを活かすよりも、春秋戦国時代に生きた人間らしさを優先してほしいと思う。もっとストレートに言うならば、キングダム感をあえて少し薄くしてリアリティ(違和感の少なさ)を優先させてほしいと思う。

 

例えば、羌瘣の服の白い生地の部分はキレイな白でなく、多少黄ばんでたりしてボロいくらいが丁度いいのではないかと。あまりにもスタイリッシュだと最近よく目にする漫画・アニメ原作の実写化と変わらなくなってしまいそうで・・・・・

 

 

もっと欲を言うなら、日中合同制作で中国の役者を多く登用して良い意味で日本臭さを消してくれるとありがたいのだが。。。その理由は、”侍を外国人が演じる違和感””芸者を外国人が演じる違和感”とでも言えばわかりやすいかも。あとはるろうに剣心よりレッドクリフっぽい方が入り込めるような気がする

 

 

キングダムのゲーム

最後にキングダム関連のゲームを3つ紹介しておきますっ!!【英雄の系譜】と【キングダム乱】の2つはぴんたぷったんもやってますのでよかったらやってみてくださいっ///

 

↓画像が公式サイトへのリンクになっています↓

 

 

 

↓ポチっとお願いっ//

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。