Tuesday, 11 Dec 2018

【イラスト】こんなツールでイラスト描いてます

 

 

イラスト描いたりするんです

イラストを描いたりするのが好きなのでたまに描くのですが、今日はぴんたぷったんが普段どんなツールを使ってイラストを描いているのかを説明しようと思います。作品集(ギャラリーページ)もありますので良かったら見てやってくださいっ///

 

 

 

 

 

 

少し前まではこんなツールで

数年前は紙に絵(ラフ)を描いて、それをフォトショップに取り込んでペンタブを使って線画から着色までを描いていました。場合によってはイラレ(イラストレーター)を使うこともありましたが、フォトショップの方が慣れていたので、基本はフォトショップで線画から仕上げまでやっていました。

 

 

 

当時使っていたペンタブはこんな感じでした。

モニター画面を見ながら手元でペンを動かすので、慣れるまでがなかなか大変でw正直やりづらかったです。似たタイプのペンタブを見つけたのでリンクを貼っておきますね。詳細はリンク先でチェックしてみてください。

 

 

 

今現在使っているツール

以前は基本的にはラフは手描きでそれ以外はPCベースで描いていたんですが、今は基本はタブレットベースで描いています。数年前にdocomo(ドコモ) のdタブってのを知人からいただいて、最初は麻雀アプリやYOUTUBEを見るくらいだったのですが、お絵かきアプリがあることを知ってインストールして使ってみたところ、これが結構使い勝手も良く色々描けたので、今はこのdタブをメインに使っています。今は1万円以下で買えちゃうんですねw

 

 

イラストアプリは最初はAutodeskのSketchBookを使っていました。理由はですね、以前仕事でAutodeskのAutoCADを使ったことがありまして~建築図面制作のソフトです。AutoCADと言ったら世界標準的なソフトなんですよ。なのでAutodeskのネームバリューで「おそらくすごく良いのだろうっ!!」と思って使い始めたんですw結果としては、dタブのスペックが低いせいでツールのいくつかが表示されなくなったりしたというくらいで、それ以外は文句なかったです。有料版のSketchBookProにグレードを上げたくらいですから。その後SketchBookがpro版が無くなってしまったようで、使えていたツールがいくつか使えなくなったので渋々お別れすることに・・・・

 

 

その後はずっとibisPaintXを無料で使い続けています。ibisPaintを使ってみて特に不具合もトラブルもないのですが、dタブのメモリが1GBしかないので、解像度をあまり上げてしまうと使えるレイヤー数が減るのが難点です。これはアプリ側でなくタブレット側の問題です。商業レベルの解像度では使用不可だと思います。

ibisPaintXでどこまで作業をするかと言うと、ラフ~線画~ベタ~陰影~ハイライトまでです。ほぼ全ての作業をibisでやってます。その後にフォトショップにデータを取り込んで、細かいエフェクト的な要素や文字などを入れて完成まで持っていってます。

 

 

 

 

今後使ってみたいツールは?

今後はとりあえずメモリが多いタブレットが欲しいです。今使ってるdタブが1GBしかないのでせめて2GBは欲しいっ!!液タブが欲しいけど他にも色々したいことあるから予算の優先順位は低めだなぁ。。。アプリやソフトで欲しいのは、windowsタブレットを買う前提ならCLIP STUDIOかなぁ。

 

 

 

 

とりあえずやってみよう

この記事を読んでいる人で、イラストや絵を描くのが好きで、デジ絵に挑戦したいけど「パソコン高いしなぁ」「タブレット結構痛い出費だなぁ」「有料ソフトじゃないとダメだよね・・・」って考えちゃって手を出せていないなら、時間がもったいないですっ!!確かにプロレベルの環境で描きたいなら最初にツールを揃えちゃうのも良いと思いますけど、趣味レベルなら最初は安く揃えて、必要に応じて買い揃えていくというのもアリなんじゃないでしょうか?

 

 

ぴんたぷったんと同程度の環境なら結構安く揃いますよ?

 

 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。